パワフルさとスピードを求めるなら海外産のバイク!

海外のバイク、特徴的なデザインとこだわりが魅力

日本にもカワサキ、ホンダ、SUZUKI、ヤマハという世界に誇るバイクメーカーがありますが、世界には歴史深い美しいバイクを作るメーカーがたくさんあります。
中でも、ハーレーダビッドソン、ドゥカティ、BMWは一線を画しているといわれており、そのほか、KTM、トライアンフ、ピアジオ等のバイクとは別にファンが非常に多いです。

世界のバイクメーカーはいずれも日本のバイクファンにとって、憧れのバイクであり、誰もがほしいと思うバイクメーカーばかりなのですが、ここでは、ドゥカティ、ハーレーダビッドソン、さらにBMWというメーカーを紹介します。

世界中に熱狂的「マニア」の多いハーレーダビッドソン

日本でも熱狂的ファンが多いハーレーダビッドソンですが、世界を見てもこのバイクに魅了されているファンは非常に多いです。
一目見てハーレーとわかるフォルム、またこのハーレーというバイクはカスタムして乗ることが楽しいというバイクなので、バイク乗りとして、メンテナンス、カスタムを楽しむライダーが多いという点でも世界共通です。

ハーレーダビッドソンを専門とするメンテナンスメーカー、カスタムメーカーも多く、専用パーツが多い中、独自のオリジナルカスタムパーツを販売する国内カスタムメーカーもあります。

自分だけのオリジナルハーレーにのる、という事を夢見て、カスタムを必死に頑張っているライダーも非常に多いのです。
アメリカのバイクメーカーとして、あまりにも有名なハーレーです。

イタリアのバイクメーカーといえばやはりドゥカティ

イタリアの老舗バイクメーカーといえば、やはりだれもがドゥカティを思い浮かべると思います。

4気筒エンジンによる独特なエンジン音、暴れ馬とも称されるV型2気筒エンジンを搭載、美しくイタリアらしい洗練されたボディと走行性が実にユニークといわれるドゥカティのバイクは、病み付きになる人が非常に多いといわれます。

1年間保証機関で初期不具合をみつけることが多いとされるドゥカティですが、それでも、愛すべきバイクとしてファンが多いというところをみると、このいう事を聞いてくれないところが、愛すべきバイクとも言えるのかもしれません。

四輪のイメージが強いBMW、実は二輪からはじまった

四輪の高級車というイメージが非常に強いBMWですが、実は四輪よりも二輪の製造の方が早かったというメーカーです。
余りにも有名な四輪高級車に知名度を譲っていますが、バイク乗りにとってはBMWの美しいデザインと、質の高いエンジンをこよなく愛するライダーは多いのです。

ドイツ製の自動車同様、非常に壊れにくく国産と同じような質の高いバイクを提供してくれているといっても過言ではありません。
エンジンに強いこだわりを持っているBMWのエンジンは水平2気筒エンジンです。

日本のバイクメーカーと比較すると、トラブルが多い、費用がかかるといわれる海外メーカーのバイクですが、それ以上に、最高のデザインとライダーたちを魅了する特徴を沢山持っているのです。

コメントは受け付けていません。